医療レーザー脱毛にはどんなリスクがあるの?

皮膚科や美容外科などのクリニックで行う医療レーザー脱毛は、それまで主流だった針脱毛に比べて、脱毛後のトラブルが少ないのが優れたメリットのひとつ。

だからといって、まったくリスクがないわけではありません。
どのような危険性があるのでしょうか?

体への影響は?

レーザーを当てることから、体への影響を心配する人も多いと思います。
けれど、それは大丈夫。

レーザーを当てること自体に危険性はありません。
敏感肌の人はもちろん、アレルギー体質やアトピー体質の方でも問題ありません。

ただし、レーザーを照射することで毛根を破壊するわけですから、肌へのダメージはあります。その肌ダメージがリスクと考えてもよいでしょう。

では、どのようなリスクがあるのでしょうか?

ヤケド、炎症、色素沈着

レーザー脱毛による肌トラブルには、軽度の火傷、皮膚の炎症、色素沈着が挙げられます。

ヤケド

毛根を焼くわけですから、軽度のヤケドは仕方のないことです。
ほぼすべての人に起こります。

ただそれほど心配する必要はありません。脱毛した箇所に赤みやかゆみがでますが、消炎剤を処方してくれますし、2~3日で治まります。

皮膚の炎症

脱毛後、特に太い毛を脱毛した場合、ニキビのようなものができてしまいます。
これは脱毛の副作用といってもいいかもしれません。

レーザーは高い熱を加えるため、皮膚のバリア機能が低下してしまいます。
低下している毛穴に雑菌が入ると「毛嚢炎」というニキビのような炎症を起こしてしまいます。

消炎剤と抗生物質を処方してもらえるので、毛嚢炎ができた場合はクリニックに相談しましょう。自然回復でも治りますが、痕が残ったり悪化させないためにも薬を使うようにしましょう。3~4日で治ります。

色素沈着

これもレーザーによるヤケドが原因で、ヤケド痕が残るようなものです。

色素沈着まで起こす人はまれで、起こるかどうかの予測も難しいため、
これが最もリスクと考えてもいいかもしれません。

色素沈着を起こした場合、すぐに薬を処方してもらえますが、中にはまったく消えない人もいます。

脱毛効果が大きい=リスクも大きい

これらのリスクは医療レーザーの最大のメリットである「出力の高さ」からくるものです。

医療機関のホームページでは、よくエステへの批判としてヤケドを挙げていますが、むしろ出力の弱いエステよりも医療レーザー脱毛の方がヤケドのリスクは高いです。

よく読まれているコンテンツ HOT CONTENTS
失敗しない脱毛サロンの選び方
こんなサロンは要注意!?悪徳エステにひっかからないための注意点
脱毛初心者ガイド
脱毛サロンに不安な人でもこれを読めばバッチリ!すべてがわかるファーストステップガイド
エステのキャンペーンを比較
各サロンで行われているキャンペーンの内容や料金を徹底比較
このページの先頭へ戻る