ほくろに生えている毛は脱毛できますか?

ほくろの部分に生えている毛はレーザー脱毛や光脱毛は利用できません。
ほくろを除外するか、針脱毛を利用するしかありません。

ほくろに生えている毛はレーザーや光は使えない!

ほくろの部分は脱毛方法が限られてしまいます。
その理由は、医療レーザー脱毛、光脱毛などの特殊な光は、ほくろのメラニンに反応してしまうからです。

ほくろはメラニン色素を含む細胞がたくさん集まることでできます。

レーザーや光はメラニンに反応する性質を利用して、毛根部分の細胞を破壊します。
色黒な方や日焼けした肌、色素沈着がある部分などは熱を集めてしまうので、ヤケドの恐れがありますし、痛みも強烈です。また、薄かったほくろが真っ黒になってしまったという例もあります。

美容外科や皮膚科での脱毛と言えばレーザー脱毛ですし、
エステサロンで主流な光脱毛ができないとなるとどんな脱毛があるのでしょうか?

ほくろがあるだけなら、ほくろをパッチで保護して脱毛することができますが、
ほくろに生えている毛を脱毛したい!という場合はどうすればいいのでしょうか?

ほくろ部分の脱毛に適した脱毛法を紹介します。

絶縁針脱毛

その方法とは「絶縁針脱毛」です。
(ニードル脱毛、針脱毛、電気針脱毛などとも呼ばれれます。)

美容外科や皮膚科などの医療機関で施術を受けられます。

医療レーザー脱毛が登場する前からあった脱毛方法で、歴史は古く、1つ1つの毛穴に針を刺して電気を流し、毛根にある細胞の発毛に関与する部分を破壊して脱毛する方法です。

治療時間が長く、回数も多く必要です。何より痛みが強烈で、料金も高額です。
しかし、レーザーでも光でもできない永久的な脱毛ができる方法です。

電気針脱毛が登場したばかりの時は、単純な電気針を使っていたため、毛根だけでなく皮膚まで焼いてしまってヤケドやケロイド、色素沈着などのトラブルが起きやすいという短所がありました。

ですが、現在では皮膚に触れる部分をコーティングして皮膚には電気が流れないようにした特殊な針を使い、トラブルがないように進化しています。

針を使用するのでかなり痛みを伴いますが、麻酔クリームなどを使用し、痛みを和らげてくれるところもあります。利用する場合は麻酔をしてくれるかどうかを必ず確認しておきましょう。

施術時間は、脇だけで1時間程度かかり、脱毛範囲が広い場合は2時間程度かかることもあります。 そのため、ほくろの脱毛だけにとどめておいた方が良いでしょう。

また、レーザーや光脱毛でほぼ脱毛が完了したとしても、数本残ってしまう場合がありますが、そういった箇所の脱毛にも適しています。

【注意事項】

  • 毛穴がわかるようにある程度は毛を伸ばしておく必要があります。5mm以上あると良いです。
  • 施術後にケロイドや火傷、色素沈着などの肌トラブルが起こる可能性が高くなります。自宅では冷却と保湿ケアをしっかりする必要があります。
  • 施術時に痛みがあり、麻酔クリームや、麻酔シートなどを使用する場合があります。
  • 施術後当日は入浴は控え、紫外線対策も行います。また、施術期間中はUVケアをしっかりしましょう。
  • 施術後は赤みが残りますが、数日すると消えます。保湿ケアで悪化させないようにする事が大事です。

ほくろに生えている毛に悩んでいるなら、いっそのことほくろ自体を除去してしまうのも一つの手です。健康保険が適用される場合もあるので、皮膚科で相談してみてください。

絶縁針脱毛には危険が伴いますので、日本医学脱毛協会の認定施設など、信頼の置けるクリニックに相談したほうがよいでしょう。

よく読まれているコンテンツ HOT CONTENTS
失敗しない脱毛サロンの選び方
こんなサロンは要注意!?悪徳エステにひっかからないための注意点
脱毛初心者ガイド
脱毛サロンに不安な人でもこれを読めばバッチリ!すべてがわかるファーストステップガイド
エステのキャンペーンを比較
各サロンで行われているキャンペーンの内容や料金を徹底比較
このページの先頭へ戻る