ムダ毛を処理すると毛が濃くなるっていうウワサ、本当ですか?

カミソリや毛抜きでムダ毛処理しても毛は濃くなりません。
濃くなるように「見える」だけです。

ムダ毛を処理で毛が濃くなるというのはウソ!

カミソリでムダ毛処理をすると毛が太くなる、毛抜きで毛を抜くと濃くなる、本数が増える、などの毛が濃くなるという話を聞いたこと、ありますよね?

それって本当でしょうか?

まずカミソリですが、もともと何も手をつけていない毛は、毛の先端が細くなっています。
剃ることで毛の先端が細くならず、しかも断面が斜めになるため、太くなってしまったように「見える」のです。実際に太くなるわけではありません。

カミソリで剃った場合の断面

では、毛を抜いたらどうでしょうか?

毛穴の数は一生ずっと同じですから、毛を抜いても増えることはありません。
濃くなることもないと言われています。

ただし、毛根から毛を抜きますから、毛根部分にある毛を成長・再生する細胞を刺激することは確かです。

ムダ毛を気にするようになる思春期に、はじめてムダ毛処理をするという人も多いと思います。この時期は、だんだん毛が濃くなってくる時期なんですね。

ホルモンバランスにより、毛が濃くなったり、太くなったりもするうえ、毛が濃くなる(増えてくる)のです。そのためムダ毛を気にして、剃ったり抜いたりしていく時期と重なり、毛が濃くなったと誤解してしまうこともあります。

また、男性ホルモンが増えれば、濃く太くなり、
女性ホルモンが増えれば、毛の成長を抑制し、毛が細くなる、
というように、ホルモンも関係しています。

女性ホルモンを増やせばムダ毛は細くなる!

毛の成長を抑制し、毛を細くする女性ホルモンを増やす食べ物を紹介したいと思います。

女性ホルモンはビタミンやミネラルなどの栄養素とは異なり、
体内にある細胞でしか作られないため、食べ物からはほとんど補給できません。

しかし、女性ホルモンと似た働きする成分を含む食べ物を摂ることで、
毛の成長を抑制する効果が期待できます。

女性ホルモンに似た働きする代表的な成分とは大豆イソフラボンです。
大豆、納豆、豆腐などですね。

1日に摂取したい大豆イソフラボンの量は50mgで、
豆腐なら半丁、きな粉なら大さじ3杯、豆乳なら1カップに相当します。

その他の女性ホルモンの代わりになる成分
レソルシル酸ラクトン類 ごま、小麦、えんどう豆etc...
ビタミンE アーモンド、かぼちゃ、アボガドetc...

これらの食品は、女性ホルモンの代わりとしての効果だけでなく、
更年期障害や生理不順、動脈硬化などにも効果を発揮してくれますので、
健康のためにもぜひ毎日の食生活に取り入れてみましょう。

本当に食べ物で抑毛効果はあるの?

実際に大豆イソフラボンを摂り入れてムダ毛が薄くなるのか、と言われると、
目に見えて薄くなるほどの効果はありません。

ムダ毛を薄くしたい、無くしたいなら、やはり脱毛サロンに通うのが確実です。
最近の脱毛サロンは本当にリーズナブルになったので、通っている女性もどんどん増えていますよ。

よく読まれているコンテンツ HOT CONTENTS
失敗しない脱毛サロンの選び方
こんなサロンは要注意!?悪徳エステにひっかからないための注意点
脱毛初心者ガイド
脱毛サロンに不安な人でもこれを読めばバッチリ!すべてがわかるファーストステップガイド
エステのキャンペーンを比較
各サロンで行われているキャンペーンの内容や料金を徹底比較
このページの先頭へ戻る