産後はいつから脱毛できますか?授乳中でも大丈夫ですか?

脱毛サロンでは生理が再開してから脱毛できるところが多く、クリニックでは生理が来る前でも脱毛できるところもあります。産後(授乳中)に脱毛ができない理由も含めて、詳しく見ていきましょう。

ホルモンバランスを考えて、対応は慎重なところが多い

妊娠中の脱毛は、クリニックやエステサロンでは不可となっていますね。

その理由は、ホルモンバランスがくずれ、体調が悪くなってしまったり、精神的に不安定な時期であったりすることが主な理由です。

では、産後はどうなんでしょうか。

エステの目安

まずはエステサロンの対応ですが、医療機関では無いため、何かあった場合には薬を処方したり、アドバイスをしたりできませんから、産後の脱毛には慎重な所が多いようです。

エステサロンによって対応が違いますが、大体のエステサロンは、
「生理が再開したら脱毛ができます」という説明があります。

実は、授乳中でも生理が来るケースもあります。

授乳中に生理が来ない理由は、母乳を飲ませていると、赤ちゃんが吸う刺激によってプロラクチンというホルモンが分泌され、このホルモンには排卵を抑制する働きがあるからです。

しかし、母体の子宮も産後の疲れが取れてきて回復してくると、
体がそろそろ排卵しようかなという準備をし始めます。

この時に、ミルク混合などで母乳の量が少量だったり、完全母乳であっても夜の授乳がなかったり、授乳間隔が長かったり、1日の授乳回数が少なかったり、おっぱいの詰まりなどのトラブルがあったりと様々な理由で、排卵を抑制するホルモンが、排卵させるホルモンに負けて排卵が起こり、生理が来てしまうことがあります。

ただし、エステの多くは「生理が再開=授乳が終わっている」と考えられているため、
生理が再開していても授乳中の場合は脱毛できないようです。

ですから、エステの脱毛は授乳が終わったら脱毛できると考えてよいでしょう。

クリニックの目安

クリニックによりますが、「生理が来ていなくても脱毛できます」というクリニックが多いようです。産後は毛が濃くなる場合もあり、その方が脱毛がしやすいと考えるようです。

クリニックでの脱毛は、医療レーザー脱毛や電気針脱毛ですから、
太くて濃い毛ほと施術しやすく、効果があります。
ただし、母体は子宮を元に戻す働きがある関係で、効果が薄い場合もあるようです。

脱毛によって母乳に影響があるのかどうか気になるところですが、
影響は無いとされています。

脱毛は毛根を破壊する事によって効果を得ますが、毛根以上の深い所には届きません。
レーザーは様々な治療をする医療機器にも使われている位ですから、身体に害はありません。

病院だからといって信用し過ぎるのも問題だと思いますが、
何かトラブルがあっても、薬を処方してくれますから安心ですね。

事前に確認する必要はありますが、クリニックの脱毛は授乳中でも脱毛できると考えてよいでしょう。

産後はどっちで脱毛するのがいいの?

では、産後はエステとクリニックのどちらで脱毛するのがいいのでしょうか?
結論からいえば、どっちでもかまいません。

急がなければならない理由がないのであれば、授乳が終わり、生理が再開してから脱毛するのが、母体にとっても赤ちゃんにとっても良いことではないでしょうか。

卒乳後、生理が再開すれば、ほぼ妊娠前と同じですから、
脱毛サロンでもクリニックでも好きなほうを選んでください。

子供が成長すればするほど、脱毛に行く時間どころかムダ毛のお手入れをする時間さえ満足にとれません。

出産前に脱毛していたママたちは口をそろえて「脱毛していてよかった。」と言っていますよ。ママになるとプールに行く機会が増えたり、動きやすい服装で公園に行ったりするので、独身時代より肌を露出する機会が多くなります。なるべく早く脱毛してしまうのがいいかもしれませんね。

>> エステの特徴やメリット・デメリット

>> クリニックの特徴やメリット・デメリット

よく読まれているコンテンツ HOT CONTENTS
失敗しない脱毛サロンの選び方
こんなサロンは要注意!?悪徳エステにひっかからないための注意点
脱毛初心者ガイド
脱毛サロンに不安な人でもこれを読めばバッチリ!すべてがわかるファーストステップガイド
エステのキャンペーンを比較
各サロンで行われているキャンペーンの内容や料金を徹底比較
このページの先頭へ戻る