ソプラノ脱毛とはどんな脱毛方法ですか?メリットはなんですか?

医療レーザーは痛い!って決めつけていませんか?
世の中には本当に痛くない医療レーザーもあるんですよ。その名も「ソプラノ脱毛」。
どんな脱毛方法なのか、詳しく見ていきましょう。

従来の医療レーザー脱毛は、ムダ毛にレーザーを照射して毛根部分のメラニンに反応させ、毛母細胞を破壊する方法です。メラニン色素に反応してしまうため、日焼けやシミには適さず、色素の薄い産毛などには効果が薄いという欠点があります。

この欠点をソプラノ脱毛は解消しています。

ソプラノ脱毛は、SHR方式という弱めのレーザーを連続的に照射します。
メラニン色素に反応させるのではなく、レーザーの熱で毛母細胞を破壊し、再成長を防ぐという新しい理論の医療レーザー脱毛機です。この方式は毛周期や毛の太さに影響されにくく、レーザー脱毛では難しかった産毛にも非常に効果が高いようです。

日本にはあまり台数が入ってきていないため検証データは多くないと思いますが、もともとFDAというアメリカの食品医薬品局が承認しているので安全性の高さは十分だと思います。

美容外科や皮膚科などの医療機関で施術を受ける事ができます。
痛みはあまりないとされていますが、個人差がありますので、敏感な方は痛いと感じるかもしれません。

あまりにも痛くて耐えられなくても、申し出れば麻酔クリームなどを塗布してくれます。
ただ、基本的に麻酔は別料金ですので、ご注意下さい。

ソプラノ脱毛の流れ

(1)カウンセリング
毛質や、肌の状態を事前に診察してもらいます。
使用するレーザー機器についての説明があります。何か疑問があれば、ここで必ず確認しましょう。

(2)テスト脱毛
肌を保護するため、脱毛部分にジェルを塗布します。
その後、部位や肌質に合わせた波長に調節しながらのテスト脱毛を行います。

(3)脱毛の施術
部位にレーザーを照射していきます。

(4)アフターケア
施術後は照射した部分に火照りや赤みが残りますので、照射部位を冷却、または保湿します。

【注意事項】
・脱毛施術の当日までにムダ毛を処理しておくこと。剃毛は基本的に別料金です。
・脱毛施術2~3週間ぐらい前から毛抜きで抜かないこと。レーザー脱毛の意味がありません。
・施術1ヶ月前後は日焼けをしないこと。日焼け止めクリームがマスト。

このページの先頭へ戻る